【せどりコラム】初心者はブックオフせどりから


皆さん、こんにちわ!永富裕章です。

せどりを始めるにあたって必要になるのが、初期投資金。これをいくら出せるかによって取れる戦略は変わってきます。

色んな人がいると思います。初期投資で100万円準備出来る人。2~3万円から始めたい人等、出せる金額は様々です。

でも大きな金額を掛けるとそれだけリスクが増えるのは確かです。100万円投資をして、中々商品が売れずに資金ショートしてしまう可能性もある為です。

私の考え方ですが、最初はもっと出せたとしても初期投資を抑えて始めるのが良いと思います。私自身も一番最初に投資した金額は3万円でした。でも現在は月商安定して100万円以上出せています。

でも例えば家電商品の場合、3万円で仕入れられる量は知れています。私の安定したせどりの稼ぎ方は薄利多売です。

ですので小資本の場合、本のせどりをお勧めします。やっている方も多いと思いますが、ブックオフのせどりです。定番ですよね。

ちなみに3万円ですと、アマゾンの月間手数料を除いても2万5100円残ります。と言う事はブックオフで100円の本を仕入れば、約230冊の本を仕入れる事ができます。

仕入れる時の基準は送料を含めて500円以上で売れる、更に売れ筋ランキング20万位以内に入っている本を仕入れる事です。

この条件で仕入れをする事ができれば、アマゾンでどんどん売れていきます。ですが500円で仮に売ったとすると、販売手数料、仕入原価、送料等の経費を引くと、利益が150円ほど取る事ができます。それを200冊売った場合、3万円の利益が出るという計算になります。

初期投資を少なくして確実にもうかる方法です。しかし懸念する事もあります。まずは大きく稼ぐ事がこれでは出来ません。そして最大の懸念が、自己配送をしないと利益が出ないのです。販売価格が小額な為、FBAを使用すると手数料で利益が飛んでしまうのです。

ですので労力が掛るのです。でも薄利多売がせどりでは重要な為、このブックオフのせどりは経験しておいて損は無いと思います。でも自己配送をしている為、この方法ではフリーエージェントにはなれません。あくまでこの様な経験が必要なのです。

さて話が変わって、仕入れ方についてお話していきたいと思います。先ほど仕入れの基準について話しましたが、でもどの様に見つけるかというと、ブルートゥース搭載のバーコードリーダー(KDC200)とスマートフォンを使用します。

バーコードリーダー(KDC200)で本のバーコードをスキャンし、それをスマートフォンに転送させ、せどりキングというアプリで読み込ませます。そうするとその本のアマゾンの売価、ランキングを調べる事が出来るのです。やり方を覚えてしまえば、後は単純作業です。

そのバーコードリーダー(KDC200)はアマゾンで購入する事ができますので、ご検討ください!少々高いです。でも私は自己投資だと思って買いました。このバーコードリーダー(KDC200)が無いとブックオフせどりをする事が出来ない訳ではないですが、圧倒的にスピードが速くなります。売上で回収する事ができますので、買う事をお勧めします。

これでブックオフのせどりの仕方について、全て話したつもりです。後は実践あるのみですね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

人気ブログランキングに参加しています!良ければクリックして頂ければと思います!よろしくお願いします!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


人気ブログランキング

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

せどり、アフィリエイトについて為になる情報を以下のページに公開しています。是非ご覧になってみて下さい。日々情報を更新しています。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

せどりコラムはこちら
アフィリエイトコラムはこちら
ブックメーカー投資奮闘記はこちら
FX/仮想通貨投資コラムはこちら

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です